地元に密着したスポーツ用品店

アディダスのランニングシューズ「アディゼロ」の特徴

アディダスと言えば、誰もが知るドイツのスポーツ用品メーカーです。アディダスからは、様々なランニングシューズが販売されていますが、その中でも世界的に人気を集めているのが「アディゼロ(ADIZERO)シリーズ」です。アディゼロシリーズは、「日本人ランナーが世界と戦えるシューズを作りたい」という思いから開発されたランニングシューズで、マイクロフィットラストが採用されています。マイクロフィットラストは、日本人の足にフィットするラスト(靴型)で、0.01mm単位までこだわって設計されています。

そのため、靴ひもを全てほどけた状態であってもシューズが脱げないほどの高いフィット感を誇るのがアディゼロシリーズの最大の特徴です。また、フィット感が高いだけでなく軽量なシューズでもあるので、現在では日本人だけでなく世界中のトップランナーに愛用されています。実際に、2008年9月28日に行われたベルリンマラソンでは、エチオピアのハイレ・ゲブレセラシエ選手が初代の「ADIZEROADIOS」を履き、当時の世界記録となる2時間3分59秒というタイムをマークしています。また、特徴が異なる様々なモデルが展開されているのもアディゼロシリーズの特徴です。

アディダスのアディゼロシリーズは、トップランナー向けのモデルだけでなく、サブ4やサブ3のランナーや走ることを楽しみたいというランナー向けのモデルも展開されているので、必ず自身のレベルや目的に合ったランニングシューズが見つけられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です